東叡山 寛永寺 主な諸堂
根本中堂(寛永寺 本堂)"

根本中堂(寛永寺 本堂)

旧本堂(根本中堂)は、現在の東京国立博物館前の噴水地あたりにあったが、慶応四年(1868)彰義隊の兵火で焼失した。そのため明治九年(1876)から十二年にかけて、埼玉県川越市の喜多院の本地堂を移築して、寛永寺の本堂とした。寛永十五年(1638)に家光が建てたものである。
画面を閉じる
Copyright (C) 寛永寺 光明閣 永代供養墓・納骨堂 . All Rights Reserved.